• 無線LANの速度などの仕様について

    スマートホンやタブレットの普及によって、誰もがどこでも手軽にインターネットに接続できるようになりました。
    ハードウエアのメーカー間の競争によって、高性能な製品を一定の価格で入手可能になったことに加えて、携帯電話会社のサービス競争による高速回線網の整備と低価格化、通信関連会社間の競争による高速度の光ファーバー網整備と低価格化が主な要因です。



    屋外では携帯電話や公衆WiFiスポットで、屋内では家庭に引き込んだ高速度の光ファイバーの信号をブロードバンドルーター経由で有線または無線LANによって、デバイスは接続されます。



    デスクトップタイプのパソコンは有線LANでの接続が多いのですが、ノートパソコンやスマートホンなどのモバイルデバイスは無線LAN接続が一般的です。
    無線LANは、使用する周波数帯域や伝送方法や暗号化方法から分けることができます。

    従来は2.4GHz帯域を主に使っていましたが、集合住宅などで近隣の機器との混信が問題となり最近では5GHzの帯域を使用する例が増えています。



    動画ファイルの送受信やストリーミングでは高速な伝送方式が必須であるため、伝送規格であるIEEE802のうち11nや11acを採用した高い速度を誇る製品の導入が求められます。
    無線による通信では他から傍受される可能性があるため、セキュリティの高いWPAやWPA2などの暗号化の採用も必要です。
    無線LAN機器は利用する目的に合わせて多くの規格の中から選ぶことが考えられますが、最新の規格であればどれも価格競争によって低価格化が進んでいるので、旧規格の機器よりはむしろ最新仕様のものを導入することが賢明な選択となります。