• 無線LANで速度が十分に出ない場合の対処法

    無線LANの速度が遅い場合には、電波が届きにくくなっている可能性があります。



    電波を使って通信する仕組みなので、有線LANと比較すると速度は遅くなりますが、異常なほど遅い場合には電波の干渉も考えられます。
    無線LANはルーターから電波を飛ばして、ルーターとデバイスの間でデータを送受信するので、電波の干渉が発生すると電波の強度が低下してしまいます。
    2.4GHz帯はコンクリートの壁などの障害物には強いですが、電子レンジなどの同じ2.4GHz帯を発している家電などと干渉します。

    5GHz隊は電子レンジなどによる干渉は受けにくいですが、その分壁などの障害物に弱いです。

    2.4GHzと5GHzのどちらでも干渉を受けるので、ルーターの設定で使用している周波数帯と家電などの干渉や、障害物によって妨害されて速度が低下している可能性が高いです。
    特にルーターから遠く離れた場所で使用している場合や、ルーターとデバイスの間に障害物が入る場合には、無線LANの中継器を設置すると改善されることもあります。



    中継器は電波を中継してより広い範囲で使用できるようにする機器で、ルーターとデバイスの間に設置すれば電波が届きやすくなります。
    コンセントに接続して簡単な設定をするだけで使える製品も多く、ルーターほど大きいスペースも必要ないので簡単に設置可能です。



    電波の届く距離も広がるので無線LANの速度も速くなり、安定性も高くなってより快適に無線LANが使えるようになります。