• 無線LANで比較するポイントは?

    無線LANを比較する時のポイントは規格の種類、無線子機の種類、そして有害サイトのブロック機能などがあります。
    基本的には、今あるまたはこれから導入する機器が安定して利用できることですが、規格によっては通信速度や安定性に影響してきます。


    無線LANに使われるのはWiFiと呼ばれるものでこれは、国際規格のIEEE802.11によるものです。


    WiFiのメリットは対応している機器であれば親機や子機の設定をするだけで接続できることです。


    一方でIEEE802.11にもいくつかの規格があります。

    互換性があるためWiFiマークがあれば利用可能ですが、比較すると通信速度と安定性で違いがあります。


    現在主流で使われているのが11acと呼ばれるもので5GHz帯の周波数帯を使っており最大2GBbpsの通信が可能です。



    その他には11nでは5GHzまたは2.4GHz帯が使用でき300Mbpsから450Mbpsの通信速度です。



    周波数帯を比較すると、5GHzは速度が速く電子レンジなどの電波障害を受けないメリットがありますが、障害物に弱く通信距離が短いものです。

    2.4GHzはその逆で電波干渉を受けやすいものの通信距離が長いメリットがあります。



    なお、WiFiでは互換性があるので古い規格であっても利用が可能ですが、通信速度の面で劣ることになります。最新の機器であれば問題なく使えますが、機器が古いと十分なパフォーマンスを発揮できません。

    このため無線LANを選ぶさいには利用する機器を見て選ぶことがポイントになります。